循環型自宅資産活用が社会の形を変える

はじめに

 

我が国が抱える高齢者問題は数多く存在します。

その中の住宅問題と老後破綻には、大きな繋がりがあります。

やっと手に入れたマイホームにずっと住み続けたい、「自宅は終の棲家」と

考えている高齢者の方は多いはずです。

 

しかし、世界の時間軸はスピードを増し、グローバル社会という名のもと、

高齢者の方にもほんの数年前とは違う価値観を容赦なく求める社会に変化しているのです。

 

「少子高齢化社会」の我が国では、年金の受給年齢の引き上げ、

受給額の減額は仕方ないことと諦めるしかないのが現実です。

 

若い世代ばかりに重荷を背負わせることはもはや無理な状態に陥っています。

 

 

そこで、アクティブシニアの方々に「少し視点を変えて考えてみませんか。」

「ご自宅は資産ですよ。ご自宅があなたの老後資金を生み出す打ち出の小槌に変わるかもしれませんよ。」この言葉は少し大袈裟かもしれませんが、インパクトのある言葉でアクティブシニアの方々に笑顔になっていただきたいと思っています。

 

記念すべき第1号の記事は「リバースモーゲージ」について書きたいと思います。

「住宅の資金化」のひとつである「リバースモーゲージ」をしっかり理解し、アクティブシニアの方々に

正しい情報を発信するために専念していきたいと思っております。